本業がある方は会社にばれずに稼ぐ

会社にばれずに稼ぐ

在宅で稼げるようになると、もちろん副収入が発生しますね。

そうなれば、年末調整のほかに自分で確定申告を行う必要があります。その際に所得税、住民税の支払い方をどうするか自分で選ぶことになります。

所得合算にしてしまうと、会社の給与から所得税、住民税が差し引かれます。

会社では、ある程度所得に対して税金がいくらくらいかを把握していますので、超過分が確認できたところであなたは副業をしているとばれてしまいます。

会社によっては、副業を禁止しているところもあると思うので、在宅を始める前にご自身の会社の社内規定などをチェックしておいた方が良いです。

年間の副業収入が20万円以下の場合は、確定申告をしなくても良いのですが、20万円以上になると副業収入分に関しては確定申告をしなければなりません。

会社に副業をしている事をばれたくない方は、その確定申告をした際に、税金を自己支払として給与収入と合算しないようにします。

つまり、「分離支払」として税金を納めると、会社へばれることもありません。